FC2ブログ

記事一覧

2歳差育児のメリットデメリットを妊娠中〜出産〜育児の時期別まとめ



厳密に言うと我が家は2歳5ヶ月違いです。約2歳半差ですね。

何歳違いで子供を産むかとても悩みました。

と言っても、さあ!と思ったタイミングで赤ちゃんが来てくれるわけでもないですし、中々難しい話です。

何歳差がいいとか悪いとかは絶対的なものはないですよね。

それぞれの環境とか、考え方によるところが大きいのです。

昔は子だくさんで10人兄弟とかザラだったみたいですね、私からすると信じられないです。

こんな大変な妊娠〜出産〜育児を10回も!

私の祖母の事ですw

人生のどのくらいの期間を妊娠してたんでしょうか、もはや尊敬の眼差しです。

今も現役の主婦(98)です。

孫9人のひ孫が12人です、スゴイ!

「おばあちゃんがちっちゃい時は何して遊んでたの?」

「う〜ん…90年も前の事だから覚えてない」

ご、ごめん。聞いた私が悪かったです。

私が2歳差を選んだ理由



私自身には3歳上の姉がいます。

本当に頼りになるし、大人になった今でも気があっていつも楽しいのです。

それは子供の頃にはケンカもしましたが、今となっては笑い話。

なので2歳差か3歳差がいいなあとずっと思っていました、離れすぎると遊ぶにも差がありすぎるかな?と。

旅行の行き先にしても歳が近い方がどちらかだけ楽しめて、どちらかだけは見学しなきゃなんて可哀想だし。

受験も勉強も近い方がいいのかな?なんて漠然と考えていました。

それから現在育児休暇中なので、でできるなら年子にして育児休暇を一回で済ませられないか?とも考えました。

無謀。

私は1人目のツワリが酷すぎて入院までして会社には本当に迷惑かけたので、またツワリだ入院だと迷惑かけるなら連続して産休してしまった方が良いと思ったからです。

ただこれは0歳児抱えて妊娠するなんてとてもとても考えられず、無理でした。

あとは、上の子の保育園が2年連続でどこにも入れなかったのも大きな理由です。

それならもう1人産んでしまえ!

と、いう感じで2人目は2歳差となりました。

では、妊娠中からの2歳差メリットデメリットを書いていってみます。

何歳差がいいのかなぁ〜と悩んでる方のご参考になればと思います。

妊娠中



♡妊娠初期・・・娘(1歳8ヶ月頃)

メリット
娘の本格的なイヤイヤ期が始まる前で、ツワリがキツくてもまだ公園などで軽く一緒に遊べて気分転換になりました。

デメリット
大変だったのは抱っこ。まだ階段は1人で上り下りできないし、椅子の上り下りも当然できません。お買い物中もすぐに抱っこしなきゃで大変でした。

お腹が張らないか心配でしたが、かわいそうで沢山だっこしてしまいました。こんなに小さくてお姉ちゃんになる娘の気持ちを考えると、泣ける日が多かったです。ホルモンの影響でマタニティーブルーで不安定になり、妊娠しなきゃ良かったかな…なんてマイナスな事ばかり。

イライラしてしまって娘がお茶などをこぼしただけでムキー!と怒ってしまったりも。。。

我が家の場合はこの時期に引っ越しもあり、母&義母の手を借りまくりでした。

ツワリ対策は、娘と自分は別々のメニューを食べていました。作るときは息を止めたり、口呼吸でなんとか乗り切り。

♡妊娠中期・・・娘(2歳)

メリット
まだまだ授乳をしていました。授乳は安定期に入る頃にはやめさせましょうとお医者さんに言われていたので、なんとか2歳の誕生日直前まで、おっぱいをあげることができました。

直前と言うのは、お誕生日の一週間前にカレンダーを見せて、「2歳になったらパイパイにバイバイしようね」と言うと、その日からおっぱいはもういい!と半ばキレ気味に拒否。

自分の意思での卒乳!?一応卒乳?できてよかったです。

デメリット
卒乳後の寝かしつけは抱っこがメインで、お腹も目立ち始めていてキツかったです。

イヤイヤ期と重なり、おっぱいで寝かしつけしていた時は簡単に寝オチしていたのに、寝たくない!と騒ぐようになって大変な思いをしました。

できれば卒乳/断乳は済ませてからの妊娠をお勧めしたいです。

ただ、できるだけたくさんおっぱいはあげたいけど年子や2歳差を希望する私みたいな方!

安心してください。
諦めなくても大丈夫です。
授乳してても妊娠はできますよ。

ただ、断乳/卒乳はそれなりに大変と覚悟は必要かと思います。

♡妊娠後期・・・娘(2歳4ヶ月頃)

メリット
イヤイヤ期にも慣れて扱いもわかってくるのと同時に、娘のおしゃべりが上手になったので、コミュニケーションが取れてきた頃です。

このくらいから、胎動を触らせて赤ちゃんが入ってるよ!と教えてあげました。

娘は赤ちゃんが大好きなので大喜びで、「早く会いたい!赤ちゃーん!」とお腹によびかけてくれました。

更に、なんとなくママは前と勝手が違うと理解したのか、抱っこはもっぱらパパになりました。

「〇〇ちゃんは重いからパパ抱っこして」

なんて言うように…。

ケナゲです。。

デメリット
私自身のメンタル面もツワリも落ち着いて、赤ちゃん用品など用意したいのに、オモチャや洋服をグシャグシャにしてくれるイタズラ娘に手を焼きました。

出産準備は早め早めにすべきでした。

ベビーベッドの組み立てやハイローチェアも気付くと娘が登っていたり危険で。。

赤ちゃんが使うから使っちゃダメよ!と、何回も何回も言うハメに。

あまりに大変で、臨月入って少ししたら実家に里帰りさせてもらいました。

♡出産時・・・娘(2歳5ヶ月)

メリット
早めに実家に里帰りしていたので、実家での生活には慣れていて夜も、ばあばの抱っこでスンナリ寝たようです。

実家には娘お気に入りの絵本、ぬいぐるみ、おもちゃ、新しいおもちゃ、DVDと新しいお話が入ったDVDを置いていったので、ママがいない!と騒いだら新しいおもちゃやDVDを見せてと頼んでおきました。

娘はママが居なくても寝るとき以外はお利口だったみたいですが、病院に来た時はやはり大泣きで…。

余りに泣くので新しいおもちゃでなだめたそうです。

小さいとお菓子やおもちゃでなんとかごまかしが効き、2歳半くらいなら子供だましも使えます。

デメリット
ママが帰って来ない!実家で待っていた娘にはかなりの衝撃だったようで(当たり前か)、その後しばらく、ママがまたいなくなるんじゃないかと言う不安からよく泣いていました。

トイレに行くだけで、帰ってくる?と聞くように。。

もうギュッと抱きしめて、大丈夫だよ、もういなくならないよ、ずっと一緒だよと言い続けてやっと安心できた様子でした。

病院から帰る時に必死に泣くのを我慢していた姿は今でも涙が出るほど可哀想でした。

でも大丈夫です。

そうやって少しずつオトナになっていくんですからね。

♡産後・・・娘(2歳後半)

メリット
新生児期は、赤ちゃんのお世話に娘のお世話にとにかく”てんてこ舞い”でした。

忙しい!!!

毎日毎日、赤ちゃん娘赤ちゃん娘赤ちゃん娘娘娘!という感じで、なぜか娘の方が手がかかりました。

それが1ヶ月くらい経つと急に娘がお姉さんらしくなり、頼んでもいないのにオムツ替えやお着替えを手伝ってくれるようになりました。

初めこそ、赤ちゃんにママを取られた!と思ったようですが、見よう見まねであやしたり、ガーゼで吐いたミルクを拭いてくれたり。

グンと大成長しました。

デメリット
グンと大成長したものの、やっぱり2歳児は2歳児。

お菓子や飲み物ゴハンはまだまだこぼすし、洋服も自分では全部できなかったり。

ずっと赤ちゃんを構っているわけにもいかず、コッチが泣いてあっちが泣いて…とまだまだ赤ちゃん2人状態でした。

この頃が一番大変でした。

♡産後・・・娘(3歳代)

メリット
娘が3歳児になると、急に手がかからなくなってきました。

階段の上り下りは自分でできるし、お買い物をしていても自分で歩いてくれます。(眠くなったらまだベビーカーです)

同時に赤ちゃんのお世話も板についてきて、離乳食を一緒にあげたり靴下を履かせたり、かなり上手にお世話できます。

危ない事をしようとしたら優しくダメよって教えてあげたり、自分なりにイイお姉ちゃんだと思っているみたいです。

ご飯もこぼさず1人で完食できたり、いつまでも赤ちゃん赤ちゃんしなくなりました。

こちらが寂しくなるくらいシッカリしてます。

デメリット
実は、あまり「お姉ちゃん扱い」はしたくありませんでした。

・お姉ちゃんなんだから〜しなさい
・お姉ちゃんなのに〜できないの
・お姉ちゃんだから我慢して

ナドナド。

絶対に言わないと決めた言葉です。

勝手にお姉ちゃんになってしまって、寂しい上にそんなこと言われたら余計寂しいですよね。

海外ではお姉ちゃんとかお兄ちゃんという概念があまりないみたいですね。

だから上下関係なくsister、brother と呼びますよね。

双子に兄、弟と決めるのも世界的には珍しいんだとか…学校で習った気がします。(かすかな記憶)

結論



これまでメリットデメリットを並べてみましたが、結論から言うと、

きょうだいで遊ぶ姿はカワイイ

なんだそりゃと自分でも思いますが、これに尽きます。

何歳差だろうがなんだか2人でワイワイやっているのを見ると微笑ましく、こちらが幸せになります。

私はこの光景がみたかったんだなぁと今更しみじみ思ったりしますし。

何があってもママだけを求め、ママがいれば幸せで、ママにくっついていたくて、ママのぬくもりを探している。

どんなに叱っても、

どんなに冷たくしてしまっても、

子供たちにはママしかいない。

そんな存在が目の前にいて、そして自分がママである。

ママが子供には出来ることは、たくさんの愛情をかけること。

only!

逆に言えば、ママの愛情はママからしか注ぐことはできない。

昔の恐ろしい人体実験で、ママの愛情がない赤ちゃんはどんなに身体的欲求を満たしても、全員死んでしまったと言う実験結果があります。

赤ちゃんの成長にママの愛情が必要不可欠。

赤ちゃんが育つこと。

当たり前のようで当たり前でないことなんですね。

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

↑この記事が少しでも参考になりましたら、
応援のクリックをお願いします。

いま人気の育児ブログランキングはこちら
♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

ilovebaby

Author:ilovebaby
7歳のgirlと4歳のboyの4人家族のママです♡最近断捨離にハマってます。

ブログについて&プロフィール詳細はこちら

ブログランキング

良かったら応援クリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

育児おすすめグッズ

15分でオートoff。オルゴールみたいな優しい音で、子供たちは大好きです。ベッドメリーがジムに変身してあんよまで使えます。

くまのプーさん 6WAYジムにへんしんメリー

価格:6,900円
(2015/9/13 07:36時点)



キャサリン妃と同じ絵柄のおくるみ。息子が大好きな肌触りです。

【送料無料】aden anais(エイデンアンドアネイ)クラシックモスリンおくるみ☆BOX入り4枚セット♪(スワドリングラップ モスリンラップ 新生児 ジャングルジャム おひなまき スワドル エイデン&アネイ ガーゼ ガーゼケット)

価格:6,372円
(2015/9/13 07:49時点)



コンパクトに持ち運べるので実家&義実家や友達宅へ持参しています。角度を変えてねんね〜遊びまで自在です。

【日本正規品2年保証】【ベビービョルン記念特価(本体のみ)】【送料無料】babybjorn(ベビービョルン) ベビーシッターバランス ブラックシルバー|バウンサー【あす楽対応】

価格:11,800円
(2015/9/16 17:49時点)
感想(134件)