FC2ブログ

記事一覧

ジェルネイルライト♡USB式vs電池式!両方使って徹底比較してみた

20181127094851c0a.jpeg


こんにちは。

HOMEIのはがせるジェルネイル"ウィークリージェル"をはじめて、約1年半ほどがたちました。

今までは、電池式のジェルライトを使っていましたが色々と不便なども感じだし、新たにUSB式のジェルライトを買ってみました。

どちらを買おうか迷っている方も多いようですので、両方使ってみた感想など書いてみたいと思います。

電池式ジェルライトのメリットデメリット



201704061846300e9.jpg


HOMEIの電池式ジェルライトはシェルジェルライトと言う名前で3,024円(税込)で販売されています。

楽天やAmazonでは取り扱いなくロフトオンラインで取り扱いがあるようです。(この記事を書いている日現在の情報です)

サイズはとてもコンパクトで、持ち運ぶにも困らないサイズ感。コードレスでとても手軽に使えます。

ただ、小さくてコンパクトな分一度に硬化できる指は3本だけなので硬化するときには「小指・薬中人差し指・親指」と分けるため結構時間がかかります。

わたしは左右の小指と親指はセットで硬化することで時間短縮してました。
20170406184710776.jpg


また、一回の硬化時間が60秒でこれもまた時間がかかってしまう原因かもしれません。

ただし、電池式の最大のメリットは持ち運べるのでいつでもどこでも使えてとても便利ということです。

我が家はまだ子供が小さいので一日中子どもたちに呼び出されてまして。これみて〜とかできた〜とか。

硬化しながら子供のところに行けてかなり使い勝手が良く、スキマ時間にササっと一本だけなおしたい時などにはとても重宝します。

小さいので単4の電池が3本。300回使えると書いてありましたが、実際は100回くらいで電池無くなってます。なぜだろう。。

それと、電池を入れたばかりだとピカーン!と明るく60秒できっちり固まりますが、電池がなくなってくると時間通りでは固まらなくなります。

終わったと思いうっかり触って台無しにしたことが何度かありました。これは要注意ですね。

まとめてみると…

電池式ジェルライトのメリット
・コードレスで持ち運びが簡単
・1.2本のお直しならこちらが使いやすい
・硬化しながら歩き回れる

電池式ジェルライトのデメリット
・光が弱く60秒かかる
・小さいので3本づつしか硬化できない
・電池がなくなってくると固まらない

でも、見た目もかわいく使いやすい形でずっと愛用してましたのでまだまだ使うつもりです。

USB式のジェルライトのメリットデメリット



20181127095359302.jpeg


HOMEIのUSB式ジェルライトはコンパクトジェルライトと言う名前で3,888円(税込)で販売されています。

電池式に比べるとサイズは大きいですが、それでも薄型で十分コンパクトなサイズ感。

小指から人差し指までの4本を一気に硬化でき、フットネイルは5本指全部を硬化させることができます。

オンオフボタンが中にあるので、片手で操作できてとても使いやすいです。電池式のほうは電源がフタの上に付いてて少し使いにくいです、少し。

USB式なので光も強く、45秒の照射でジェルネイルの硬化が完了します。

電池式の60秒とたいして変わらないと思ってましたがたったの15秒が長く感じるので45秒で終わるのはとてもありがたいです。

薄型なので収納&整理整頓しやすくて良い感じです。USBケーブルはアンドロイド系の充電ケーブルが使えたので便利です。
20181127095559e28.jpeg


まとめてみると…

USB式ジェルライトのメリット
・幅が広く、指4本を一気に硬化できる
・光が強く、45秒で硬化完了
・フットネイルにも使用可能
・光の強さが安定している

USB式ジェルライトのデメリット
・コンセントがないと使えない

まだ買ったばかりだからか、USB式ジェルライトのほうはあまりデメリットが思いつきませんでした。

UVライトとLEDライトの違い



HOMEIのジェルライトは、どちらもLEDライトを使用しています。

UVライトはとても安く販売されており、はじめ見たときは違いも分からなかったので安いのでいいかなと思ってしまいました。

しかし、UVライトには使用していくうちにライトの寿命がきて交換が必要になるため、あとのことを考えるとLEDライトの方が長く使えて良いのだそうです。

LEDライトは半永久的に使用できます。

また、使用電力からみてもLEDライトの方が省エネでパワーがあるので早くジェルネイルを硬化することができるというメリットも。

初期費用はLEDライトの方がかかりますが、UVライトには交換が必要で電力使用量も多く長い目で見るとLEDライトの方がおトクとわかりました。

USB式ジェルライトも持ち運びは可能



電池式ジェルライト最大のメリットは持ち運んでどこでも使えることと思います。

USB式ジェルライトはモバイルバッテリーを使うことで同じようにいつでもどこでも使えるようになります。

コンセントが無いと…と思いがちですが、旅行先や出先でちょっと直したいときにとても便利ですよね。

使い分けてジェルネイルを楽しもう



今日はHOMEIのジェルライト2種類を比較してみました。

電池式のシェルジェルライトは安価ですが小さくて3本づつの硬化、60秒でジェルネイルが固まります。

USB式のジェルライトコンパクトジェルライトは、幅は少し広めですが薄型でコンパクト。4本づつの硬化、45秒でジェルネイルが固まります。

どちらもLEDライトなので一度買えば半永久的に使えますが、シェルジェルライトは電池交換が面倒なのでUSB式の方が長く使うには良いかな〜と個人的には思っています。

新しいUSB式ジェルライトで、ウィークリージェルを塗ってみました。
20181127095735d67.jpeg


ウィークリージェルははがせるジェルネイルなので爪が痛まず、除光液の匂いが気になる方や爪の弱い方の補強にもおすすめです。

※ 無理矢理剥がすのはNGです!!

電池式もUSB式もどちらも使いやすく、しっかりジェルネイルが固まるので2度の硬化は不要です。

今回USB式ジェルライトを初めて買いましたが、幅広で使いやすく硬化時間も短いので、初めてジェルライトを使う方にもオススメですよ。

HOMEI コンパクトジェルライト(USBタイプ/LEDライト)

価格:3,888円
(2018/11/27 09:04時点)




♡ー♡ー♡ー♡ー♡ー♡ー♡ー♡ー♡ー♡
日本ブログ村ランキングに参加しています。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
↑↑↑
「読んだよ」「参考になったよ」の応援クリックをいただけると、嬉しいです。
♡ー♡ー♡ー♡ー♡ー♡ー♡ー♡ー♡ー♡
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

ilovebaby

Author:ilovebaby
7歳のgirlと4歳のboyの4人家族のママです♡最近断捨離にハマってます。

ブログについて&プロフィール詳細はこちら

ブログランキング

良かったら応援クリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

育児おすすめグッズ

15分でオートoff。オルゴールみたいな優しい音で、子供たちは大好きです。ベッドメリーがジムに変身してあんよまで使えます。

くまのプーさん 6WAYジムにへんしんメリー

価格:6,900円
(2015/9/13 07:36時点)



キャサリン妃と同じ絵柄のおくるみ。息子が大好きな肌触りです。

【送料無料】aden anais(エイデンアンドアネイ)クラシックモスリンおくるみ☆BOX入り4枚セット♪(スワドリングラップ モスリンラップ 新生児 ジャングルジャム おひなまき スワドル エイデン&アネイ ガーゼ ガーゼケット)

価格:6,372円
(2015/9/13 07:49時点)



コンパクトに持ち運べるので実家&義実家や友達宅へ持参しています。角度を変えてねんね〜遊びまで自在です。

【日本正規品2年保証】【ベビービョルン記念特価(本体のみ)】【送料無料】babybjorn(ベビービョルン) ベビーシッターバランス ブラックシルバー|バウンサー【あす楽対応】

価格:11,800円
(2015/9/16 17:49時点)
感想(134件)